自社の人件費を削減!給与計算は代行業者に任せよう

PCとお金

安全に利用できる

でんさいは、全ての銀行が参加しているとても便利な電子記録債権です。銀行側は効率的に色々と便利なサービスを提供できるようになり、利用者は手形等を一本化する事が可能です。ペーパーレスですので、盗難等の心配はありません。

効率化を実現

計算する人

導入のタイミングを計る

企業が支払う様々な費用の中で給与となる人件費の負担はとても大きいです。人材を採用している限り絶対に発生する費用なので、簡単に削ることはできません。しかし、全く削れないというわけではないので、どのようにすべきかを十分に議論を重ねることが大切です。人件費を削減する上ですぐに効果が出るのは人材を減らすことです。そうすれば固定費の金額は少なくなりますが、これまでよりも仕事量が増えることになるので、従業員1人当たりの負担は大きくなります。人件費を減らすことができたとしても仕事の進行ペースが遅くなったり、ミスが増えたりしてしまうとメリットが薄れてしまいます。たとえば、業務の一部分だけを代行してもらうという考え方は効率化を図れるのでおすすめします。代行に向いている業務と言えば給与計算があります。給与計算は経理や総務、人事などが担当しますが、毎月の中でそこまで大きく仕事の内容が変化するわけではありません。また、代行してもらうことで他の仕事に費やせる時間が増えるため、利益を出すために行動できます。さらに、給与計算のプロに仕事を任せられるため、安心して自分の仕事に取り組めます。魅力的な給与計算の代行サービスを導入する際はタイミングを図るべきです。中途半端な時期にサービスを導入してしまうと、引継ぎでの説明不足やミスが発生しやすくなるからです。年度が変わる時や新しい月になった場合など、導入する時期の検討は重要です。

チャット

新しい情報共有ツール

ビジネスチャットは、インターネット上でのリアルタイムでのコミュニケーションを可能にする、チャットツールのビジネス版です。複数のメンバーが同時にメッセージをやり取りできるのが最大の特徴で、電子メールよりもスピーディな情報共有や意見交換が可能になります。

チャット

利用すると得られる利点

社内でのコミュニケーションツールとして導入が増えているものに、チャットツールがある。チャットツールを活用することで、情報漏洩リスクを減らせることや、音声通話機能などの活用でコミュニケーションをより取りやすくなるメリットがある。