自社の人件費を削減!給与計算は代行業者に任せよう

  1. ホーム
  2. 新しい情報共有ツール

新しい情報共有ツール

チャット

複数がリアルタイムで交流

電子メールの普及によってビジネスにおけるコミュニケーションの速度は大幅にアップしましたが、近年はそれをさらに上回るツールも生み出されています。それがビジネスチャットです。チャットとはもともとは「おしゃべり」という意味ですが、インターネット上では短文のテキストメッセージを中心としたリアルタイムのコミュニケーションのことをいいます。チャットツールと呼ばれるアプリケーションとして、多くのSNSサービスに実装されています。ビジネスチャットは、このチャットツールをビジネスユースに特化したものです。一般のチャットツールに比べると、セキュリティが強化されている、組織の実情に応じたカスタマイズがしやすいなどの特徴があります。ビジネスチャットを電子メールと比べた場合、最も優れているのは、コミュニケーションの形式が非常に多彩であるということです。電子メールの場合、基本的には1通のメッセージに対応するのは1人の差出人と1人の受取人です。しかしビジネスチャットであれば、1対1・1対多・多対多といったさまざまなスタイルが選択可能です。これをグループチャット機能といいます。これを活用すれば、部・課単位での情報共有や意見交換を迅速に行うことができます。また、メッセージのやり取りは履歴が残るため、リアルタイムで参加しなかったメンバーも後から閲覧することができます。さらにこの場合、1人のメンバーが複数のグループに参加することも可能です。そのため、部課長同士・特別プロジェクトのメンバー同士といった横断的なコミュニケーションにも利用できます。